G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

[Linux] Subversionにまつわるエトセトラ

じーちゃん、備忘録。
さて、じーちゃんなんですが、xenの開発環境にsubversion入れて諸処ファイル管理とかやっているんですが、xen環境のファイルいじるのはもっぱらsambaマウントだったりします。

で、さらにはじーちゃんメインのWindowsのPCには「TortoiseSVN」を入れているんですよ。
やっぱり、エクスプローラからコミット/アップデートできるって便利だよねー? ってことで愛用しているんですが、今日、やっちまいました……orz

というのも、TortoiseSVNで使用しているsvnのバージョンは1.5系で、xen環境のsvnのバージョンは1.4系。
そのため、一度でもTortoiseSVN&Sambaごしにリポジトリをいじってしまうと、リポジトリ情報が1.5系に書き換えられてしまうらしく、xenのコンソール側からはsvnの操作ができない!
svn: This client is too old to work with working copy '.';
please get a newer Subversion client
とか言われる始末 。・゚・(ノД`)・゚・。

これ、会社にいた頃もやったことあるんだよねぇ……あの頃は1.3系だったけど……すっかり忘れていた……

 

で、こんなわけで悩んでいると、じーちゃんの脳内マリー・アントワネットさんが「バージョンが合わないのなら、xenのsvnのバージョンを上げればいいじゃない」とかおっしゃるので、xenのsvnのバージョンアップを試みる。
方法は、以前やった「Fedoraのyumパッケージからちょぱってくる」を試してみた。

まず、
/etc/yum.repos.d/fedora-extras.repo
とかファイル作る……というか作ってあるw

これに以下の内容を追加する。
[fc10]
name=Fedora Extras $releasever - $basearch
mirrorlist=http://mirrors.fedoraproject.org/mirrorlist?repo=fedora-10&arch=i386
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-Fedora-Extras
gpgcheck=1
ミラーリストURLの調べ方としては、
http://mirrors.fedoraproject.org/mirrorlist?repo=&arch=
のように必要なパラメータを空欄にしてアクセスすると、有効なリポジトリタイプとアーキテクチャの組み合わせをずらっと表示してくれるので、それから選択すればOK
今回は repo=fedora-10, arch=i386 を選択。

そして、
yum --enablerepo="fc10" list
とかやると、パッケージのリストがずらっと表示される。
もちろんこの中に subversion1.5.X もあること確認済。

で、早速、
yum --enablerepo="fc10" install subversion
とかやってみたんですが……依存関係で釣られてバージョンアップさせられるパッケージが大杉!
結局、入りませんでしたとさ(トホホ

さて、どうしようかな? SRPM持ってきてコンパイルか?
……てか、諦めた方がいいような気もしてきたw



追記 なんでも自力でやろうとせず先人の知恵に学ぶのはいいことだ。というか、最初からそうしておけという気がしますが(w)、ググったらそのものずばりの解答が紹介されているページを発見!w

http://www.agileapproach.com/blog-entry/upgrading-subversion-15-centos-52-using-yum
ここに書いてあることを本当にそのまま全部やればすんなりと入りましたとさw

ありがとう! Irakliさん!

一応、相手先がなくなるかもしれないので、こっちにも転載しておこう。日本語で書かれてるって日本人には重要なことだよね?w

1)dag.wieers.comのRPM用公開鍵のインストール
"dag.wieers.com" って初めて知りました。ページ開いてみたら……"about me"とかあるし、ぱっと見る限り、どうも個人のサイトっぽいんですよねぇ。
ただ、http://dag.wieers.com/rpm/を見ると、

----------
Welcome to my repository of add-on RPM packages for Red Hat/Fedora. I currently have 95119 packages available for Red Hat Enterprise Linux (2.1, 3, 4 and 5), Fedora Core (1, 2, and 3) and Red Hat Linux (6.2, 7.3, 8.0 and 9), for i386 and x86_64. They comprise 4140 different projects.
----------
2009/03/16現在

95119 packagesって……これ、個人でどうにかなる量じゃないっしょ?
よくわかりませんが、すごいところだということだけはよくわかりましたw

で、公開鍵なんですが
rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
で、そくっと入れられます。

2)reposファイルの入手
wget http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/RPMS.dag/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
とかやってください。

3)公開鍵の検証
さきほどダウンロードしてきたパッケージファイルに対して
rpm -K rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
とかやります。
# rpm -K rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm: (sha1) dsa sha1 md5 gpg OK
となればOK。

4)reposファイルインストール
rpm -i --test rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
rpm -i rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
まぁ、--test付きで実行して問題なさそうならインストールするってのが妥当でしょう。

5)/etc/yum.repos.d/rpmforge.repoの編集
/etc/yum.repos.d/rpmforge.repoの
enabled=1
enabled=0
に変更。

6)yumでsubversionのアップデートチェック
yum --enablerepo=rpmforge check-update subversion
こんなん出てくるかと
# yum --enablerepo=rpmforge check-update subversion
Loading "fastestmirror" plugin
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * rpmforge: apt.sw.be
 * base: ftp2.riken.jp
 * updates: ftp2.riken.jp
 * addons: ftp2.riken.jp
 * extras: ftp2.riken.jp
rpmforge                  100% |=========================| 1.1 kB    00:00
primary.xml.gz            100% |=========================| 3.0 MB    00:19
rpmforge  : ################################################## 8387/8387
subversion.i386                          1.5.5-0.1.el5.rf       rpmforge
1.5系になっているところを確認。


7)既存のsubversionをアンインストール
rpm -evf --allmatches --test subversion-1.4.2-2.el5
rpm -evf --allmatches subversion-1.4.2-2.el5

8)yumで1.5系subversionをインストール
yum --enablerepo=rpmforge --disablerepo=base install subversion

おしまい。

コメントする