G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

[ゲーム] 真・三國無双6

こんばんわ、じーちゃんです。生きております。

さて、じーちゃんなんですが、先週の木曜日に待ちに待ったコーエーの「真・三國無双6」を購入してきました。


いま現在において、ストーリーモードの「魏」「呉」が難易度ノーマル終了。「蜀」の途中なんですが、現時点の感想としては「うん、良い!」といった感じw

真・三國無双5と比較とすると、だいぶ無双4に回帰した感じがしますな。
無双5でできていた「回避」ができなくなっています。なので、無双4と同じく敵武将から攻撃を喰らうと一段落つくまで何もできずに喰らいっぱなしw 喰らってる最中にガードボタン押してもガードにならないので、空中コンボ込みで攻撃を受けると何もできずにやられっぱなしなので「うぼぁ」な気分になりますw
とはいえノーマルモードだと、敵武将との一騎打ちは基本、敵はそんなにガンガン攻撃してこないんでこちらからガンガン攻撃していればいい感じにテケトーに倒せますw

ま、単純にアクション部分を比較すると、ガンダム無双3のほうが上かな。あっちは、攻撃喰らっている最中でもエマージェンシーダッシュで回避できますしな。スピード感みたいなのは、やはりあっちのほうが良いかと。

とはいえ、従来の一騎当千の千人斬りの快感はそのままだし、やっぱり「無双といえば三國無双」ってところがあるので、こっちはこっちの味がありますな。

ちなみに今回追加された「すべての武将が(ほぼ)すべての武器を2つまで使用できる」に関しては……いまのところあまり有効じゃない感じw
一応武将(ほぼ)すべての武器を使用できるのですが、EX攻撃ができる武器は1種類だけなので、結局はそのEX攻撃ができる武器を使う罠w
まぁ、たまに気分転換で武器を変えたりするんですが……いまのところ、じーちゃんとしてはそれくらいの価値しかないw

ただ、武器を交換するとそのときに「ヴァリアブル攻撃」という攻撃ができて、かつこの「ヴァリアブル攻撃」は武器の種類ごとに異なるので、「ヴァリアブル攻撃」が強い武器ってのを見つけ出して使いこなせば価値がある……のかもしれない。


あと今回の真・三國無双6はストーリーモードが良いです。

これまでの真・三國無双シリーズは各プレイアブルキャラクターごとにストーリーモードがあったんですが、今回は「魏」「呉」「蜀」そして「晋」の4つの国単位でストーリーモードが進みます。
で、「蜀」の「黄巾の乱」だったらキャラクターは劉備。「魏」の「黄巾の乱」の場合は夏侯惇、同じく「魏」の「反董卓連合」の場合は「夏侯淵」、さらに「赤壁の戦い」の前半は「許褚」、後半は「曹操」などのように「戦い」単位でキャラクターが変わるというシステム。

ま、これに関してはじーちゃんは「いいんじゃないかな」と思う次第。
史実上(というか演義などの物語上)だいたいの戦いにおいて活躍する武将は数人になんで、そうした武将がプレイアブルキャラクターになるんで別に違和感はない感じ。
さらには、概ね史実通りに話が進むので、呉の孫堅とか孫策とかサクサクとお亡くなりにw
とはいえ、この辺はお話上重要ポイントなのでちゃんと演出が入ってドラマチックに盛り立ててくれます。
あとは、史実だと関羽は麦城にて呉の呂蒙に討ち取られていて、無双6でも呉編では呂蒙が関羽と一騎打ちするのですが、魏編だとなんと夏侯惇が関羽と一騎打ちしますw この辺のオリジナルストーリーも面白いところ。

ちなみにクロニクルモードはまだまったくやっていないので保留w

 

ところで、この真・三國無双6を購入したのが木曜日で、じーちゃん今週お仕事の谷間なので実は金曜日「真・三國無双6休み」を取ったんですが・・・この日に大地震

地震があったとき、めっちゃ無双してました
自宅にいたんですが、電子レンジの上にあった水筒が倒れて床に落ちたくらいしか被害が無くてよかった。。。

コメント(4)

じーちゃんファン 返信

生きてますかw大地震僕の住んでるところは震度3だったんですが、え、ゆれたの?ってかんじでしたw

じーちゃん 返信

生きてますぞー
こっちは結構揺れたけれど、被害はなしでした。

じーちゃんファン 返信

被害ナシは良かったですねー。無双系はやったことがないですが、また、機会があればやってみたいと思ってます。

じーちゃん 返信

真・三國無双6はオススメですね。

いわゆる「三國志」というと孔明が死亡する「五丈原の戦い」までを扱うお話がほとんどなんですが、それ以降の「晋」建国あたりまでのお話があって、ちょっと新鮮ですな。

コメントする