G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

先週のじーちゃん

こんばんわ、じーちゃんです。

生きておりますぞw

最近はお仕事が忙しくて平日は帰宅が0時過ぎることもしばしば。
まぁ、人生たまには忙しいこともあるもんですが、そうなると時間が本当に貴重に感じられますな。

さて、そんなじーちゃんなんですが、先週は2回ほどゲームオフ会に参加してきました。

10/7 (金)
この日は平日なんですが、夜20時から四谷のリバネスカフェへ行ってきました。
このお店は一見普通のオサレカフェなんですが、店内にボードゲームが置いてあって、そのゲームで遊んでいいということになっています。「ボードゲームが遊べるカフェ」ってことらしい。
そして、驚きなのが、当然頼んだ食事代はかかりますが場所代そのものは無料というところ。

なので、コストパフォーマンス良いです。

で、20時集合ということなので、だいたい5分前くらいにやってきたら……主催者が来ていないという(--#
主催が遅刻とかどんだけw

まぁ、待ってる間なんも頼まないのはないので、気になった謎メニュー「くまさんが飲みそうなカフェラテ」ってのを頼んでみました。
結果、なんか容器はそれっぽい雰囲気のするものに入って出てきましたが、味は普通にカフェラテでしたw 写真を撮りたかったのだけど、じーちゃんこの日たまたま携帯の電池が切れてしまったので取れずじまいw

で、なんだかんだで20時半頃には6人ほど集まったので、適当にだべりつつDixit組みとキャット&チョコレート組みに分かれて遊ぶ。
じーちゃんはDixit組みだったんですが・・・まぁ負けw 最近、絵柄を見ても直球しか投げられなくて全当たりを喰らうことしばしばw

その後追加で一人やってきて7人に。「なんか7人で遊べるゲームないの?」って話になり、じーちゃんが持ってきた7wondersを遊ぶことにw 最近、じーちゃんと言えば7wondersってくらい7wondersラブですw

今回遊んだことがあるのは一人だけで5人初プレイってことで、例によってじーちゃんインストしつつゲームしたんですが、その結果珍しい現象発生。

まず、じーちゃん、40点取れなかったw もう、7wondersは10回はやっているので40点切るようなことはないじゃろう、とか思っていたんですが、まさかの37点w
お隣がロードスだったんで、戦争をほとんど放棄してたら軍事が-5点とかなったのが痛かったのかもしれず。とにかく、お隣ロードスは、Civ4で言うところのお隣モンテズマみたいなもんだから、荒れるの必至なんよねw ロードス相手に軍事で突っ張ると、今度は他がしんどくなるし。。このゲームの難しいところの一つですなw

そして、1位と2位は初プレイの人だったw
経験者2名惨敗w 1位はお隣のロードス。そして、2位はギザ。
お隣ロードスが、ロードスの軍事力アドバンテージを活かしつつも絶妙な軍事力配分で、他も捨てずにプレイ。結果、今回初プレイとはとても思えない63点を記録して大勝利。
ちなみに、じーちゃんも7wonders初めてやった時ロードスだったけれど、30点取れませんでしたよ、ええ!w
そして、初心者に優しい上に、7文明中最強伝説を誇るギザが50点台後半で2位につけました。

今回、初プレイの人だけで上位5位を占め経験者2名が最下位争いという珍しい展開にw
もちろん、じーちゃん、接待プレイで手加減モードとかしてないです、ええw

今回初プレイの方々にも「面白い」と言ってもらえて、評判は上々だったので、持ち込んだ甲斐がありましたな。

 

10/9 (日)
で、この日は「第4回 調布のあな」の日。
いまのところ皆勤賞で通い続けているじーちゃんはもちろん参加。
ちょっと夏の間、ボードゲーム会に参加しすぎて他がおろそかになってしまい、少し反省しているのですが、この「調布のあな」はいまのところ来年1月まで毎月あるらしいので、これだけは毎回参加しようと思っている次第。

遊んだゲームは以下の通り。

ファウナ

世界の動物たちの「生息地域」「体重」「身長」「しっぽの長さ」を当てて点数を取っていくクイズをボードゲーム化したもの。
なんか動物系のクイズ番組に出てるような気分になるゲームw

ドイツのゲームなんだけれど、日本語和訳シールが貼ってあって、その際に動物名が和名になっているのでこれがかなりのヒントになる。あとは絵柄。
人によって絵柄から連想するサイズが違うのが結構面白くて「いやー、スカンクってリス系だから20cmもないでしょ?」「いや、30cmくらいあるんじゃない?」「でも、仮に30cmあったとして、それが体重5kgって相当デブくない?w」「いや、30cmのネコだって5kgくらいあるって」みたいなw

さらに面白いのは、生息地域の隣接地域もニアピン賞ということで、ちゃんと当てた場合の約半分程度の点数がもらえるんだけど「最初からこのニアピン狙い」でいく人もいたりして。「このモウコノウマって蒙古=モンゴルだから極東にいると思うのよね。だから極東に隣接する北太平洋いっとくよ」「馬なのに海にいるのかYO!w」みたいなw

結構、ネタ的にもゲーム的にも面白いゲーム。

 

Dixit

はい。言わずもがなのDixitです。今回のこれはオデッセイ版。
オデッセイ版だと投票が穴の開いたボードになっていて、それにピンを刺して投票するんだけど・・・正直使いづらかったw
とはいえ、オデッセイは最大で12人まで遊べる対応がなされているらしいので、12人分の投票チップ12枚とかありえないな・・・とは思うので、こんな感じにせざるを得なかったのだろうなぁ・・・と製作者の苦労を想像してみるw

ちなみに、例によって直球とか暴投しか投げられなくなってるじーちゃんは負けでしたw
上の写真の黒がじーちゃん。

 

クォーリアーズ

じーちゃんが持ち込んだものではないです、クォーリアーズ。
久しぶりに遊んでみて思うこととしては、やっぱりこのゲームはイマイチだw

通称「ドラゴンゲー」と呼ばれることがあるくらい、ホントドラゴン召喚できた人が勝つw
今回もそうだったw
このゲームの残念なところは、強いモンスターはあらゆる面で本当に強いから、それだけで完結してしまうところがイケてない。「攻撃力は5あるけれど防御力は1しかない」とか「攻撃も防御もそこそこ強いけれど、得られる勝利点は1だけ」とか、そういう「何かが強い代わりに何かが弱い」というモンスターがいないので、本当に強いモンスターを先に出せた人の勝ちというゲームになってしまっている。

まぁ、なんか残念なゲーム。

 

ゴースト ストーリーズ

前回の調布のあなでも遊んだゲーム。
システムvsプレイヤー全員というシステムのゲームなんですが、パンデミックと違ってダイスを振るのでより一層運の要素満載。
今回、難易度ノーマルで遊んでみたら、プレイヤー全滅しましたw

ものっそい自転車操業状態で、「俺のターンでなんとかしないと、次のターンで次の手番プレイヤーが死亡する!」っていう状況がプレイヤーの人数分発生w 常に死と隣り合わせの壮絶なるタイトロープ状態!w
毎ターン毎ターン「ふう……なんとか生き残った」というセリフを繰り返すw

で、ダイス目むなしく一人のプレイヤーが亡くなると、連鎖的に状況を打開できないので将棋倒し的に連続でプレイヤーが死亡してプレイヤー全滅w

このゲーム、きっついわぁ、マジで。
マゾい人4人集まったら、ぜひ遊んで欲しいw

 

世界の七不思議

写真取り忘れましたが、締めは7wondersです! 主催者の館長さんからも「七不思議をやってる時のじーちゃんさんが、すげぇいきいきしてるw」と言われましたw

で、今回も5名の方が初プレイってことで、じーちゃんがインスト。最近、慣れてきましたw
あと、じーちゃんがインストを担当した場合、初心者にはややこしい文明をやらせたくない&このゲームで一番ややこしい文明ってゴミ漁りをするハリカルナッソスなので、じーちゃん自身がそれをやって、残った6文明を他の人にやってもらいます。(経験者がいたら、その人に「二番目にややこしい文明」のゼウス像をやってもらう)

そんなこんなで小一時間ほどインストしつつプレイした結果。今回はじーちゃん2位でした。60点取って2位って初めて・・・。そして以前同様、初プレイの人が1位を取りました。

ゴミ拾いしたときに、青の勝利点5点のカードが落ちてたのがラッキーだった。ってか、じーちゃん自身がこの文明のことをよくわかってなかったんですが、ゴミ拾いできる2番目の七不思議って第二世代の最後以降に刺さないとならないのね。じゃないと、ロクなカードが捨てられていないし。
第3世代になってから2枚目のカードを刺してもいいのだろうけれど、第3世代はもっと他にいいカードあること多いし、3枚目も刺さないとならないから、やっぱりハリカルナッソスをやったら2番目の七不思議を刺すタイミングは第2世代の最終ターン一拓なんだろうなぁ。

やるたびに新しい発見があって、7wondersはまだまだ飽きませんな~


そんな感じ。

コメントする