G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

[ボドゲ] ボードゲーム会に参加してきました

こんばんわ、じーちゃんです。生きております。

やー、今年ももうすぐおしまいですなぁ。
今年はやっぱり震災が影響デカいですなぁ。まぁ、当たり前と言えば当たり前なんですが。
今年を象徴する漢字一文字は「絆」らしいのですが、これ「災」が使われてなかったら絶対こっちだったよなー、と思う所存。震災は来るは、洪水は来るは・・・ホント自然災害ヒドかった年というイメージ。
あれって、一度使った漢字は二度使ってはならないってルールでもあるんですかね?

さて、じーちゃんなんですが、先週土曜日に「第6回 調布のあな」に参加してきました。

今回の調布のあなは、10時受付開始10時半スタートと午前中から開始したせいか・・・最初はあんまり人がいなかったw

例によって、じーちゃんは7wondersの卓に入ったんですが・・・いきなり7wonders、人数不足による卓割れの危機!w
ま、他卓でやっぱり人数足りない卓と合併して事なきを得ましたw


で、遊んだゲームは以下の通り。


世界の七不思議

ま、じーちゃんといえば「世界の七不思議」w
初プレイの方も何人かいらっしゃったので、例によって、じーちゃんインスト担当。
ま、調布のあなで朝っぱらから7wondersのインストしてウキウキしてるのがいたら、まず間違いなくそれがじーちゃんですw

で、えーと、今回は確か47点で2位とかだった気がします。文明はなんだっけかな? 忘れたw
てか、プレイヤー6人で1位が確か49点だったので、結構低得点な争いでした。1位でも50点を超えないって珍しいw

 

ピラニア・ペドロ

写真の真ん中の木人形がペドロさんw
このペドロさんが、水に落ちたり、場外に行ったり、ピラニアに接触したりしないように移動させるのが各プレイヤーの目標。
各プレイヤーは、ターンプレイヤーから順番に、ペドロさんを「どの方向に」「何マス」動かすかというのをカードを出していき、ターンプレイヤーから順番にそれを処理していきます。
で、水の中に入ることになったら、各プレイヤーに支給されている石を敷き詰めてペドロさんが水没するのを防ぎます。手元に石がない(すでに使い切った)状態で、ペドロさんが水の中に移動してしまった場合は(あと、場外とピラニア接触)は、そのプレイヤーが1ペナルティ。2ペナルティになったプレイヤーが出たら、そこでゲーム終了という一人負けを決めるゲーム。

基本的には、ペドロさんを画面中央に向かうようにカードを出していけば安泰のはずなんだけど、ターン開始プレイヤーから自分の手番までが遠いと、自分の手番が来た時にはペドロさんが思わぬ位置にいたりしてやられてしまう・・・みたいな感じで、他のプレイヤーがペドロさんをどういう風に動かしていくかを読み合うのがアツいゲーム。

でも、じーちゃんは一度もやられなかったですなw

 

WASABI!

WASABI! キタ――(゚∀゚)――!!
というわけで、即参加w
見た目のネタっぽさとは裏腹に、中身はかなりガチのパズル系のゲームw
てか、だいたいゲーム中みんな「うーん」とかうなり声しか出てこないw

お寿司の具材を場において、縦横の並びでレシピどおりの具材を並べられたらそれが得点になる、というゲーム。
レシピも2枚や3枚で完成するお手軽系もあれば、5枚ならべないとならない高得点高難度のレシピもあったりします。

じーちゃん、前回一度遊んだことがあるので、「ゲームが進めば進むほど置ける場所が限られてくるから、5枚を狙うなら序盤から」と思って、速攻で5枚レシピを狙ったんですが・・・完成させられずw 他の人が動かしたり先置いたりで、なかなか完成しないのんよねぇ。
やっぱり序盤から狙うのは4枚のレシピにしておけば良かったw

 

PEANUTS!

なんだろう? 各プレイヤーお金を持っていて、写真のような盤面をすごろくのように周回して一番数字の大きいところに止まった人が、他の人の止まった数字との差額を徴収できるので、数字の大きいところに止まることを目指しましょう、というゲーム。
土地(?)を買ったりとか、他人の土地に止まってさらに動きたい場合には、その土地の持ち主にお金を払うとかいう要素が、ちょっとモノポリーと似ています。

で、このゲーム、とにかく一番高い数字の土地に止まって他の人からお金を徴収しないと、基本的にお金出て行く一方のジリ貧なんですが・・・じーちゃん、一向に高いところに止まれそうな気配がないw
じーちゃん以外のプレイヤーは全員1回は勝ったという状態で、じーちゃんだけ未勝利。かなりジリ貧だったんですが、ゲーム終盤ついにじーちゃんも最高の2400に到達! 勝利1回!
そして、このゲーム、サイコロに0の目があって0を出すと動かなくていいんですが、2400に止まった状態でダイス0が出た! 連勝!w

ここで、一人が破産したためにゲーム終了したんですが、じーちゃん1位の人に約1000ピーナッツ(ピーナッツ=通貨単位w)足りなくて2位でした。

ルール自体はシンプルでやればすぐわかる面白さ。あと、結構盛り上がりますw
合い言葉は「たった(少額の金額)くらい、金じゃないよ」w

あと、このゲームの一番最初の土地購入権をもらえたら、迷わず2400の二つ手前の800の土地を買いましょうw<お値段据え置きで初手から2400を3分の1の確率で狙える良物件w

 

丘の上の裏切り者の館

「丘の上」ってタイトルに必要なんだろうか? 単に「裏切り者の館」じゃダメなのん? と、思ってしまう「丘の上の裏切り者の館」ですw
前回の調布のあなで、これを遊んでいた隣の卓がやたら盛り上がっていたので、じーちゃんもやってみたいと思っていたんですが、ついに遊べましたw

このゲーム、序盤は探索ゲームで、ダンジョンクエストよろしくドアで繋がったところを訪れて、ランダムでタイルを引いて、館の探索範囲を広げていきます。
で、未知の場所に行って部屋タイルを引いた時に、そのタイルに「オーメン」のマークが書かれていたら、そのカードを引いたプレイヤーはダイスを6個振ります。その出目の合計が、場に出ているオーメンタイル(ん? オーメンカードだっけかな?)の枚数以下だと、裏切り者が発生!

引いたタイルやらなんやらの条件から、新しいシナリオと新しい勝利条件が提示され、プレイヤーの誰かが裏切り者になるので、裏切り者以外のプレイヤーは一致団結してゲームのクリア条件を満たすべくがんばりまっしょい、というゲームに早変わり。

そして、今回はとてもヒドい展開に!w
まず、オーメンタイルが3枚目くらいにして、写真のように振ったダイス目合計が1!w
ゲーム序盤から、いきなり裏切り者登場!

モンハンP3で例えると、ハンターランク3のクエストにいきなりイビルジョーが乱入してくるようなものだと思っていただければw

そして、その後判明したシナリオ条件は次の通り。プレイヤーは全員、首に鋼鉄製の首輪を取り付けられており、一定時間が経過するとこの首輪がキミの首を切断する。プレイヤーの勝利条件は、館の部屋に置いてある鍵を使って首輪を解除して、全プレイヤー数の半数以上が生き残ること。
各タイルには部屋の名前が書かれてるんだけど、なんと鍵の置いてある部屋は11種類もあるのに一つもまだ出ていない!w

超絶、無理ゲーwww

たぶん、ハンターランク3でイビルジョー倒す方がラクですw

しかも、各プレイヤーの首輪には数字が書かれていて、裏切り者発生から経過したターン数未満の数字を持つプレイヤーから、自分の手番の最後にダイスを3つ振って裏切り者発生から経過したターン数以上の出目を出さないと死亡する!

って、いきなり2ターン目にプレイヤー1名が首をはねられて死亡!w

そして、その後、判明した驚愕の事実!

裏切り者を発生させたダイス(上の写真で6個ダイス振って合計1)を振った本人が、実は裏切り者で、かつ首輪の数字は6なので一番死ににくいとか!
誰が裏切り者なのか、誰にどの首輪がわたるのかは完全ランダムだというのに、この有様!w

というわけで、裏切り者発生から5ターンにして裏切り者以外プレイヤー全滅w

久しぶりに壮絶なる無理ゲーを味わってきましたw
いやー、ここまで偶然が重なると笑えるw

 

Yspahan

これは「イスファハン」と読むかな?
なんかシルクロード貿易チックな素材のゲームです。
各プレイヤーは、荷物をたくさん売りに出して、なるべく高得点を稼ぎましょうという、ボードゲームにはよくある感じの目的。

詳細なルールは省略しますが、やってみると意外とあっさり早いペースでゲーム進みます。

で、今回はレア(らしい)な事態が発生。一人のプレイヤーが場にある金をすべて独占してしまったために、せっかく金がもらえるような状態でも場に金が残っていないので金がもらえない、という現象発生w
そのプレイヤーは1金につき勝利点を最大10点までもらえる。というカードを2枚持っていたので、なんと金だけで20点ゲット!

じーちゃんは、よくわからないながらも、建物を建てまくってラクダを勝利点に換算するカードとかで8点取ったりして、結果2位でした。

このゲーム、監察官動かすってのがイマイチどう役に立つのかわからんw

 

で、残り1時間くらいになったので、あとは他卓で開催されていた7wondersを覗きに行って終了。

とりあえず「丘の上の裏切り者の館」は再挑戦したいですなw<ヒドすぎたw

コメントする