G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

[ボドゲ] ボードゲーム会に参加してきました

こんばんわ、じーちゃんです。

交通事故で負傷した左手ながらも、なんとか無事に引越を終えることができました。
で、なんとかご家庭サーバも復旧したので、ブログもぼちぼちと再開しようかと。

で、まずは前回2/11に参加したボードゲーム会「調布のあな 第8回」のことなぞ。

正直、あれから、もう2週間以上経過しているのでイマイチ覚えていないw

えー、この日は引越の約一週間前って事で、確か午後から引っ越し先のお部屋に行って、引っ越しの荷物を搬入する前に部屋のタイルカーペットの敷き詰め作業をする・・・という予定があったので、10時~15時の午前の部のみ参加してきました。

で、遊んだゲームは以下の通り。


世界の七不思議

ちゃんと写真を撮った世界の七不思議は久しぶりだw てか、世界の七不思議を遊ぶの自体が久しぶりな気がしますなw

この日は初期卓で世界の七不思議立っていて、じーちゃんが参加したかった「TAKENOKO」はすでに定員に達していたということで「よろしいならば7wondersだ」ってことにw
で、久しぶりにインストなどをやってみる。

インスト中に参加者のハンドルネームを間違えて連呼してしまうという申し訳ない事態発生・・・orz ごめんなさい。

で、写真が確か第3世代終了時の写真なんだけど、なんだかんだで7人参加して、参加者全員が40点台で終了したという希に見る僅差なゲームでした。1位48点、じーちゃん44点とかだった気が。

ちなみに、じーちゃんが世界の七不思議のインストするときに初プレイの人がいたら「七不思議を建てるための資源を優先的に集めることをお勧めします」と言います。(忘れていなければw

完全ご新規さんでも初心者さんでも、これだけ守っていれば結構いい勝負になるのがこのゲームw

じーちゃん、初めて世界の七不思議を遊んだ時には資源をどれを選んでいいのかよくわからず、結果20点台で惨敗・・・という雪辱を味わったのもいい思い出w

 

TAKENOKO

プレイヤーは庭師となって、庭を広げ、竹を育て、育てた竹をパンダに食わせて得点し、一番点数の多い人が勝ち、というゲーム。
ファンシーな内容とよくできたコンポーネントが魅力的なゲームです。

ゲームの方もなかなかよくできていて、アクションで庭師を動かすとかパンダ動かすとか庭を広げるとかいろいろあるんですが、他人の行動が自分の得点条件とかみ合うかかみ合わないかとかのジレンマがあってなかなか面白い。

「そこに緑の土地を置くかー」
「俺の育てた竹を食うんじゃNEEEEEEE!」
「パンダー どこへ行く~!」

みたいな感じw

ちなみに、このゲームもじーちゃん購入済でインストもじーちゃんがやったんですが、ルール間違っていた箇所があったかもしれず。
竹を育てて点数になるカードで、「4箇所の竹を3段階にしたら7点」みたいなカードがあるんですが、4段階育った竹は3段階の竹の状態も兼ねるのかと思ったのだけど、たぶんこれ違うんだよね。4段階に育っちゃった竹はパンダに食わせて、あくまでも3段階の竹を4箇所作らないとならないんじゃないかと思う次第。
じゃないと、結構簡単に達成できちゃって高得点すぎる気がしますなぁ。

 

RIO D'ORO

なんかインディージョーンズちっくなシチュエーションw
見ての通り、吊り橋がかかっていてこの吊り橋の奥には財宝があるので、橋を行ったり来たりしてなるべく多くの財宝を持ち帰ったプレイヤーの勝ち、というゲーム。

吊り橋の板はアクシデントが発生すると一段階破損して、二回破損すると壊れてなくなってしまう! そして、ダイスでコマを動かすのだけど、壊れたところに移動してしまうと橋から落ちてしまう!
ダイスの種類は3種類あって、持っている財宝の数が多いとダイスを振る数が減るので移動力も減ってしまう。
橋から落ちないように持ち帰る財宝の量のバランスを考えつつ、行ったり来たりしましょう・・・みたいなゲーム。

ま、やってみるとシンプル。4人まで遊べるゲームらしいのですが、今回は3人で遊んだところ誰も橋から落ちる人が発生しないままゲーム終了w

まぁ、まずまずだけど、同じ時間を使うなら他に面白いゲームはあるよ、というくらいのゲームでした(^^;

 

あと、ダイスビンゴを遊んだのだけど写真取り忘れ。
ダイスビンゴはシンプルで面白い。ルールがシンプルで軽いんで、大人数が集まった時のパーティーゲームとしていいかもしれない。


そんな感じ。

コメントする