G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

[ボドゲ] 惨劇CONに参加してきました

こんばんわ。じーちゃんです。

さて、じーちゃんなんですが、昨日の土曜日に惨劇RoopeRの作成者BakaFireさん主催の公式コンベンション「惨劇CON」に参加してきました。

場所は秋葉原のイエローサブマリン。
秋葉イエサブのプレイスペースには初めて行ったんですが、10卓くらいテーブルがあって1卓あたりは狭いですが、プレイスペース全体としてみるとそこそこの広さでした。
まぁ、大阪のキウイゲームスには到底及びませんがw

で、13時開始のところ大体12時45分頃に到着。
そして13時に惨劇CON開催となりました(パチパチ

が、その時点で脚本家が一人来ていないw

一時はどうするんだろう?と思ったんですが10分程度の遅れで無事到着したので、初級者向け/中級者向け/上級者向けの3卓に分かれて、第1卓目開始。

じーちゃんは、中級卓ってことでこの間の春のゲームマーケットでリリースされたばかりの拡張版ルール「MysteryCircle」での卓に入って参りました。
脚本家は、みんなのアイドル、軍師先生ことメイベル氏だ!(ルールブックにそう紹介されてるんだもんw

で、拡張版(MysteryCircle)に関しては一度じっくりルールを読む機会そのものはあったんですが「こりゃー、難しそうだなぁ」とという感想でそのまま放置していたんですが、実際やってみたら・・・想像通り、難しいw

特に、役職「メイタンテイ」がホントにウザいw
役職の特殊能力によって「死なない」ので、事件で殺人事件が起こっても「事件は発生しましたが、何も起こりませんでした。EXゲージだけ増やします」が第一ループで連発!

正直、最初は拡張になじみのないじーちゃんは何が起きているのかさっぱりわからずw
主人公側プレイヤーに拡張にも造詣が深い方がいたので「これは、まぁまず間違いなくメイタンテイがいるねぇ」と説明してくれました。
しかも、さらにメイタンテイのウザいところは、EXゲージが0の場合に限ってはメイタンテイと同じエリアに事件の犯人がいて、その事件の発生日だった場合には、犯人が不安臨界に達していなくても事件が発生してしまうという大迷惑機能付き!w

なんだろう? 設定上は「名探偵がいるので、犯人があせって犯行に及んでしまった」みたいなのを表現しているのかも知れないですが、お前さえいなければ事件は起きないんだよ!wと声を大にしていいたいw

ま、あれですね。「金田一少年と旅行に行くな」・・・みたいなw

やー、でも拡張ルールでは犯人が不安臨界に達してなくても事件が起きる要素がいくつかあるので、事件が発生した日に不安臨界に達していない人は事件を起こさないなんて、まったく通じない世界でした・・・。

そして、メイタンテイだけでももうお腹一杯なのに、メイタンテイに負けず劣らずヤバイのが「ツイン」。サマリーの説明が「【強制:自身が犯人の事件解決中】本来の位置の代わりに、対角線にあるボードにいるものとして扱う」と書いてあって「正直よくわからん」って感じでしたが、今回コイツの能力を味わってきました。
ツインが殺人事件の犯人だと、ツインの役職のキャラのいる対角線上のボードにいるキャラクターが死亡します! つまり、殺人事件がおきて誰か死亡したときに「犯人はこの(死亡したキャラクターのいるボード上)中にいる!」とは言えない、というw
いわゆる、計画犯と実行犯がそれぞれ別にいる・・・というのを表現しているんでしょうね。まぁ、こいつのおかげで考えること多すぎて脳内オーバーヒートw

「事件が起きて何も起きなかったってことは、神社のぼっち巫女さんが犯人か。そうじゃなかったらメイタンテイが殺されようとして死ななかったに違いない」
「メイタンテイ誰だ?」
みたいなw

で、さらには、MysteryCircleにはルールYに「ストリキニーネの雫」というのがあって、事件の内容が殺人事件か自殺の場合に限って、暗躍カウンターを不安カウンターとしても扱う、というルールがあったりして・・・
「事件が起きた! 候補者は!?」
「不安だけ見ると、お嬢様と巫女さんだけど・・・」
「ストリキニーネだったりすると、暗躍2と不安1が乗ってる情報屋も怪しい」
「さらにはゼッタイシャ(役職:このキャラクターが犯人である事件は必ず発生する)がいるかもしれない」

もう、わけわからん・・・(;´Д⊂

ま、それでも先ほどのMysteryCircle熟練者の方がかなり良い働きをしてくれたので、3ループ目の最後に全キャラクターの役職が判明。一応4ループだったんですが、4ループ行かずに最後の戦いをしかけた(ということにして)主人公側勝利。

じーちゃん、割と空気・・・というか単に記録係でした(^^;

 

続いて、第2卓目。
今度は、こなれたBasicTragedyだったんですが、来ました「相談不可」!

相談不可なので、文字通り相談しちゃいけないんですが、他の主人公プレイヤーが「いやー、ここはあれ一拓でしょう」「ここは2拓だねぇ」とか言われるんですが・・・

さっぱりわかんNEEEEEE!!!ww

今回はじーちゃんの悪手を他の人にフォローしてもらったのが多かった(^^;
残念ながら正直じーちゃん、いらない子でした;;

他の人「なんでリーダーなのに病院にカードセットされたとき暗躍禁止置かなかったんですか?」(リーダーが暗躍禁止を乗せる取り決めだった)
じーちゃん「暗躍1なら病院の事件を発生させて、それで死亡するキャラの中にラバーズがいるかあぶりだせないかなぁ、と思って」
他の人「てか、それ、話にならないですよね。暗躍2が乗ったらゲームオーバーだし。そもそも不穏な噂が情報屋の能力で割れてるから、暗躍1が乗ったらそれは事実上暗躍2乗ってるのと同じだし」
じーちゃん「あー、そっかー。言われてみればそうですねー」

みたいな。

じーちゃんは色々考えたつもりでもいろいろミスがあったりして、それをコミュニケーションによってミスを指摘されないと自分で気づかないから、あとで他人から指摘されて「あー、そっかー」ってなることが多いですな。

・・・いやー、これ、でも、落ち着いて考えたらあれよねぇ。これゲームだからいいけれど、これが仕事だったら人として終わってるよねぇ。。今のところ、仕事でそんなポカミスやらかすことは滅多にないんですが・・・なんだろう? 人間根っこの部分って変わらないと思うから、単に経験値によって導きだされた結論が、常に自分で考えた結論を抑制してるんだろうなぁ・・・あまり自分では意識しないけれど。
もしくは、仕事の場合はじっくり考えて「ホントにそれでいいのか?」っていう確認のときにミスを見つけられたりするけれど、ゲームの場合は短時間で結論出さないとならないからそれに弱いんでしょうな。

で、結果としては、主人公側の負け。
クロマクとキラーを絞り込めず、2拓3拓のうち3拓をはずしてしましました。。

 

で、2卓目終了時点で18時だったので、惨劇CONとしてはお開きってことで、あとは各自残って軽いボドゲやる人と帰宅する人とに。じーちゃんは疲れたので帰宅しましたw

 

さて、最後に今までは脚本家をやることが多かったのであまり気にならなかったんだけど、主人公側を何度か遊んでみて思う、現状の惨劇RoopeRの残念と思う点について。

やっぱり、役職の情報を得るための友好能力が少ないですな。
役職の情報公開に関しては、脚本家の親切さに依存しすぎているような気がします。

特に思ったのがメインラバーズで負けたとき。
メインラバーズの能力で負けると、当然主人公としては「誰かラバーズがいるはずだ。ラバーズ探さないと」ってなるんですが、ラバーズはメインラバーズが死亡した時に不安が乗る、もしくは誰かが死亡することによってメインラバーズに不安が乗った時の死亡した誰か・・・という、いずれもキャラが死亡することをトリガーにしないと情報が得られない。
で、シリアルキラーでもいれば話は別ですが、主人公側ががんばってキャラを殺すってのは結構難しい。シナリオによっては、主人公がどうにかしてキャラを殺害させる方法が一切ないシナリオもありえますし。
で、そういうときに、脚本家がラバーズを起動してくれないと、主人公が頼るのは巫女さんの能力しかないわけなんですが、これもまた脚本家が「友好禁止」によってツブせてしまう。
そこまでやらないにしても、巫女さんの能力は友好5なので友好乗せるのに基本的に3ターンはかかる上に、調べたいキャラと同じエリアに移動させてやらないとならないので、結構ターン数が必要になります。
けれど、ループが進むにつれて敗北条件がどんどん露呈していくので、それらを回避しつつ巫女に友好5を乗せて~、とやってる手数の余裕がない。
しかも、ラバーズが誰だかわからないので巫女の能力に頼ろうとしているわけなんですが、巫女の能力は同じエリアにいるキャラのみが対象なので、あたりをつけてラバーズ候補と合流させないとならない、、、などなど、主人公が自力でラバーズを暴くハードルはあまりに高いわけで。

なので、もうちょっと役職についてのヒントを得るための友好能力が増えて欲しいナァと思うのココロ。

情報屋に、友好3くらいで「同一エリアのキャラクター1人を指定し役職を一つ宣言する。そのキャラクターの役職が宣言したものであるかどうかを知ることができる」(ループ1回のみ) とか追加するのはどうだろう?w
あとは、友好能力を持ってない入院患者くんに、友好2くらいで「病院にいるキャラクター1人を指定する。そのキャラクターがパーソンであるかどうかを知ることができる」とか、どうだろう?w

さらに言うと、脚本家の友好禁止はループ1回制限でいいんじゃないかなぁ。。。
 

あと、まったく関係のない余談なんですが、この惨劇CONで「書いて消せるボールペン PILOT フリクションボール」というのを教えてもらいました。摩擦熱で書いたインクが消せるらしい。
これはすげぇ。知らなかったーw

コメントする