G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

[ボドゲ] ボードゲーム会に参加してきました

こんにちわ、じーちゃんです。

6月に入ってずいぶんと暑くなってきましたな。
いや、外はまだ涼しいんだけどじーちゃんの部屋は暑いw 近所にやや大きな道路があって窓全開にすると車の騒音がうるさいので開けっ放しにできないのが残念なところ。
てなわけで、いまは扇風機でしのいでおりますw

さて、それはともかく、前の日曜日に、恒例の調布のあなに遊びに行ってきたのでそのときの様子などー

では、早速ですが遊んだゲームを列挙してみる。


TAKENOKO

はい。定番のTAKENOKOですね。
今回のTAKENOKOは、一人やたら運の強いプレイヤーさんがいて、天候ダイスで?か太陽しか出さない・・・いや、正確に言うと違ったけれど天候ダイス振って?か太陽の出る確率が90%超えているという鬼のような方がいらっしゃったので、その方の一人勝ちw

てか、このゲーム序盤に太陽(3アクション)連発ってそりゃ有利でしょw 

ちなみに、じーちゃんは逆に曇りばっかりでしたよ。。とほほ

 

シベリア

シベリアで資源を採掘してヨーロッパ市場で売りさばいてたくさん儲かった人の勝ち! というゲーム。

ゲームとしてはなかなか面白かったのだけど、やっぱりちょっと運の要素が強くて、採掘人を移動させるための青いチップを効率よく出せるかどうか、あと六角形のタイルでいいのが取れるかどうかが勝負の鍵のような気がします。

行動内容を自分のボードにセットして、その内容通りに行動していくってのはフレスコと似ているところなんですが、フレスコはゲームのコンポーネントとして他人からセット中の行動を見られないようにするついたてがちゃんと準備されているんですが、このシベリアではついていないとのこと。
なので、他人のセットを見ながら自分の行動内容を変更したりとかも可能になってしまうのが残念ですな。(ちなみに全員がセットするまでは他人の行動は見ないようにすることを推奨という、ゆるい感じのルールになっているそうです。

ま、じーちゃんは自分ので手一杯なので、他人の行動に合わせて自分の手を変えるとか気が回りませんでしたがw

なんというかいろいろと「惜しい!」という感じがしたゲームw

 

ブランノワール

えー。イラストがキレイで特殊効果満載の「UNO」ですw

UNOだとどんどん場に出していくカード(数字カード+SKIPやREVERSEなんかの効果カード)だけで、構成されていますが、このブランノワールはそうした場に出していくカードの他に、「魔法カード」というのがあってこれがいろいろな特殊効果を発揮できるようになっています。
魔法のカードの例は・・・手札の青いカードを好きな枚数だけゲームから除外する、とか、プレイヤー1人を指定してそのプレイヤーに2ドローさせる・・・とか。

あと、UNOの定番効果のSKIPやREVERSEなんかの効果も種類が増えていてDRAW TWO+REVERSEみたいなカードなどがあったりとか。

とまぁ、基本的にはUNOなんですが、実際ゲームを7人くらいでやってみたら・・・終わらないw

というのも上がりそうなプレイヤーを直接攻撃できるカードがあるのと、手札から出せるカードがないときに山札から1枚引くというのはUNOと同じなのだけど、そのカードが出せるカードだった場合すぐに出せるのが通常UNOのルール。一方こっちでは1枚引いたらそれっきりで、次の人の手番になってしまうので・・・ゲームが終わらないww

正直、このゲームは「手札を引いた時にそれが出せるカードだったら、すぐに出すことができる」というルールを追加して普通のUNOと同じルールで運用するだけで普通に面白くなるかと思いますw

ちなみにアークライトのゲームだそうです。

 

LAKOTA

積み木乗せゲームw
前回遊んで面白かったので、今回も遊んでみました。経験者2名+未経験者3名。

で、ゲームのコツ・・・つまり「いかに他人に橋を架けさせないような所に棒をおくか」っていう点を説明したら、初回からして写真みたいな意地悪な配置にw

もう、みんなギリギリでせめぎ合う感じにw

でも、このゲームはルールがシンプルなのでいいですね。
万人にお勧めできますw

 

惨劇RoopeR

はい、最近のじーちゃんと言えばこれ「惨劇RoopeR」です。
この日の前日は「重げ会」さんで主人公サイドで惨劇RoopeR遊んできたのですが、今回は脚本家で遊ばせていただきました。

今回の主人公サイドは経験者1名、未経験者2名。今回も未経験者で初めて惨劇RoopeRで遊ぶという方がいらっしゃったので、「未経験者向けシナリオ2012年5月版」を披露してきましたw

ちなみに、それ以前の「未経験者向けシナリオ」は、[惨劇RoopeR 自作 シナリオ] シナリオ01 「フィフティ・フィフティ」にて公開してあります。興味のある方はこちらもよろしくお願いします!(CM)

てなわけで、インストしつつ新作シナリオをやってみたのですが・・・あら、びっくり。インスト込みで2時間ちょっとで終わってしまいましたw
一応3ループ5日のシナリオなんですが、5日目まで行くのは第1ループだけで、あと2ループ目は4日で敗北、3ループ目に至っては3日目で敗北・・・とシナリオの中身がどんどん早い日数で終わっていくように設定されていたため、意外と時間がかからなかったです。

今回のシナリオは、前のシナリオにもまして「サプライズ」感の演出を重視したシナリオにしたのですが、これが思っていた以上のサプライズっぷりを呈したらしいw
1ループ目で伏線を張って、3ループ目でその伏線を裏切って本性を現すというシナリオなのですが、1ループ目の印象があまりに強烈だったためか「・・・え? なんでそれで負けたの? 一体何が起きたのかさっぱりわからない・・・」という状態にw

逆に脚本家のじーちゃんがロジックミスをしてしまったのではないかとドキドキしてしまう始末w

最終的にはいろいろと納得いったようで、例によって最後の戦いの2拓となり、それを見事に当てられて脚本家敗北しました。

ま、ゲームとしては敗北しましたが、プレイヤーに与えられたサプライズとインパクトはなかなか鮮烈だったようなので大満足。
このシナリオは前回のやつよりもよくできているのではないのかな?とw

 

あやつり人形

これも定番どころですねー。
ま、じーちゃんはしょっぱなから商人を取って暗殺者に殺されちゃったりしたんですがw

今回は・・・うーん、とくにいいところもなく終わった感じ。

さて、今回はこんな感じ。
今回も惨劇RoopeRが楽しめたのがよかったですな。

ちなみに、次は6/9に秋葉原で開催される惨劇CONというオフィシャルイベントに参加してきます。
これも楽しみなイベントですなー

コメントする