G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

[ボドゲ] ボードゲーム会に参加してきました

こんばんわ、じーちゃんです。

さて、昨日今日は人と会う約束があったりして、この暑い中スーツを来て新宿行ったり新宿行ったりしてました。

あと、あれ。発注していた防音カーテンが届いたので早速設置してみた。
先日、内窓工事が完了して騒音問題はだいぶ軽減されたのだけど、まだ奥の部屋で寝れるほどではないなぁ。たまに、低音ドルンドルン言わせて走り抜ける自動車がいるとうるさいなぁ。
って感じだったので、あと一押し、ってことで防音カーテンなど買ってみたのですが・・・うーん、やっぱりカーテンじゃダメかw って感じ。

ただ、じーちゃんが今住んでいる部屋は窓が東向きで、晴れていると朝っぱらから強烈な朝日が差すので、これをガードできるようになりました。完全遮光らしいので、閉めきるとカーテンとカーテンレールの隙間からしか光が入ってきませんw

さて、そんなじーちゃんちのカーテン事情はともかく、先週遊びに行った「第14回 調布のあな」に遊びに行った時のことなどなど。

えー。とはいっても、もうほとんど覚えてないw
今回、写真をほとんど撮っていない・・・というか撮り忘れていたので何を遊んだのかもう覚えてない。歳は取りたくないものですなw

 

6/16 土曜日

今回の調布のあなは土日連続ってことで、その両方に参加してきました。
と言っても、土曜日のほうは夕方から「調布のあな 一周年記念飲み会」があったので、夕方16時半まで。

この日は、午前と午後とで惨劇RoopeRの脚本家やってましたw

6月に入って作った新作シナリオと旧作シナリオの両方回したんですが、新作のほうはちょっと修正する必要あり。例によって未経験者向けルールX一つのみ+キャラが二人いないシナリオ。
3ループで構成されていて、妄想拡大ウイルスを隠した状態で3ループ目に入って、突然沸いて出てきたシリアルキラーにキーパーソンを殺させて驚かせよう、というシナリオだったのだけど・・・3ループ目にキラーでキーパーソン殺せてしまう状況にw

さすがに、ルールXを明かしていない状態で終わらせてしまうのは脚本家としてどうなのよ? ってことで、キラーはキーパーソンをスルー。なんとかしてシリアルキラーになったパーソンでぬっ殺したい! ってことで3ループ目をせめぎ合った末に、シリアルキラーが全然無関係の人を殺してしまってルールXが妄想拡大ウイルスだということがバレたw
で、大接戦の末、なんとか最終ターンでキーパーソンを殺害させて最後の戦いへ。
最後の戦いの結果は、一応脚本家勝利でした。

うん、これは妄想拡大ウイルスでシリアルキラー生成してキーパーソン殺すのは2ループ目にやるべきであって、3ループ目でキラーでキーパーソン殺した方がよさそうだなぁ。


で、最後に「街コロ」を少し遊んだんですが、閉会時間に間に合わなくて途中終了。
街コロは面白い。ちょっとシンプルすぎて何度も遊ぶって感じではないけれど、逆に言うとシンプルなので割と万人にオススメできる良作。これが今年のゲームマーケット春のデビュー作らしい。


んで、調布のあな 一周年記念飲み会に参加して、飲み食いしながらボドゲ話などして解散。

 

6/17 土曜日

えー、なにやったっけかなぁ?

・クォーリアーズ 拡張「終末決戦(クァルマゲドン)」

まず、クォーリアーズの拡張最新版「終末決戦(クァルマゲドン)」を遊ぶ。
これは、この拡張だけ買えば基本セットも拡張1のカードも全部ついてくるというゴージャスセット。しかも値段もそんなに高くはないという「クォーリアーズやりたければこれ買えば(現時点では)他はいらない」という全部盛り。

まぁ、これを見てください。
http://www.arclight.co.jp/ag/agbg/agbg.php?code=LG-0046

このケースにぞろっと並んだダイスセットを見るだけで「うわ、なんか欲しいかも」と思ってしまう!w

でも、まぁ、クォーリアーズは別名「ドラゴンゲー」と言われるほどドラゴンの効果がクソ強くて、ドラゴンを引いた者が勝つというイマイチ面白くないゲームだったんですが・・・今回の拡張でブードゥーというクリーチャーが追加され、そいつが「ダメージが割り振られたにもかかわらず打倒できなかったモンスターを打倒する」(だったっけかな? うろおぼえ)とかいう能力を持っているのでゲーム大荒れw
とにかくブードゥーが攻撃すれば、相手が1体だけならドラゴンだろうがなんだろうが必ず殺せるので・・・4人でやると、なかなかゲームが終わらないw

ま、感想としては「やっぱり、クォーリアーズはクォーリアーズでした」という感じ(^^;

 

・ウッドチャック

なんというか一風変わったすごろくなんですが、ゲーム紹介動画があったので、内容に関してはそちらを参照してくだされw

今回、参加者の方の娘さん(幼稚園くらい?)が一緒に遊びに来ていて、その卓で一緒に遊ぶことになったのですが、かなり大ウケしていた様子w
あのバルコニーをスライドさせたときにゾロゾロっとボールが転がっていくのが、シンプルギミックながらお子様にはウケがいいなとw
個人的にはHABAゲーに近いものを感じましたね。年齢を超えて大人も子供も楽しめるというのが良いです。ま、ちょっと大人は物足りないかもしれないですがw

ちなみに、じーちゃん、この卓で一緒になった娘さんに「おにいさん」と呼ばれて終始上機嫌でしたww<おぢちゃんではないのだよ、おぢちゃんでは!w

 

・王への請願

じーちゃん自身はこのゲーム持っていないんですが、何人かこれで遊びたいけれどインストできる人がいない・・・ということで、過去何回か遊んだ経験を活かして&説明書見つつインストして遊びました。

ちゃんとペテン師と道化師が表裏一体であるって説明しましたよ!w

ちなみに、以前遊んだときは6の9ゾロとか揃えられたんですが・・・今回は6の5ゾロくらいでストップ・・・
5ゾロってアンタ、領主も取れないよ。。とほほ

 

・惨劇RoopeR

例によって脚本家。またしても過去シナリオを回したんですが・・・今回になってシナリオに・・・というよりもルーリングにミスが発覚。
第1ループの最終ターンに、メインラバーズの効果で主人公を敗北させたんですが「ターン終了時ですが、みなさんは敗北しております」とだけしか伝えていなかった。

で、次ループあたりに主人公側の方の一人から質問が、

主人公Aさん「あれ?前回のループって何で負けたんでしたっけ?」
じーちゃん「何の効果でみなさんが敗北したのかは公表しなくてもいいというルールなんですよ」
主人公Aさん「あー。じゃ、いつ敗北したんですかね? 確か、ターン終了時でしたっけ?」
じーちゃん「はい」
主人公Aさん「ていうことは、主人公が死亡したんですかね?」

と、ここまで言われて「はっ!」と気づく。
そう。メインラバーズの効果は「主人公を敗北させる」ではなく「主人公を殺害する」なので、脚本家は「みなさんは死亡しました」と言わないとならない。

で、今回は「あ、すいません。言い忘れました。主人公が死亡しております」と修正したんですが、そういわれればこのシナリオ過去2回やって、その両方で言ってなかった気がする・・・orz

やー、過去に遊んだ方々に申し訳ない気分で一杯になってヘコむじーちゃん。

そして、第3ループに入って見事にコテンパンに叩きのめされて惨劇回避されて、なおヘコむ。。。orz

まぁ、惨劇回避は主人公のみなさんGJとしか言いようがないんだけど、ルーリングミスは完全にじーちゃんのせいだしなぁ。。。

で、惨劇RoopeR終了時点で20時。
ただでさえ疲労激しい脚本家なんですが、今回はミス発覚ということでさらに憔悴したのでかんちょーにあいさつだけしてそのまま帰宅。


うーん。惨劇RoopeRの脚本家は難しいですなぁ。。

コメントする