G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

[惨劇RoopeR X 自作 シナリオ] シナリオ02 「豆腐殺人事件」

惨劇RoopeR Xの未経験者向け自作シナリオを公開してみます。惨劇セットは FirstStep です。

脚本家大好き、豆腐メンタルお嬢様が殺人事件を起こすので「豆腐殺人事件」と命名してみました(^^
(ググってみたら、同名の何かがすでにあるのねw でも変えないw)
・公開シート
ループ数 4 1ループ日数 5
惨劇セット First Step
相談
日数 事件予定
1  
2 自殺
3 殺人事件
4  
5 不安拡大
特別ルール
・1ループ目開始前の最初の時の狭間のときに、登場するキャラクターを盤面に配置すること。
・非公開シート
ルールY 殺人計画
ルールX1 最低の却本
人物 役職
男子学生 パーソン
女子学生 キラー
お嬢様 ミスリーダー
巫女 フレンド
刑事 クロマク
アイドル キーパーソン
入院患者 マイナス
日数 事件 犯人
2 自殺 巫女
3 殺人事件 お嬢様
5 不安拡大 入院患者
・シナリオの対象プレイヤー
惨劇RoopeR Xの未経験者向けに作ってみたシナリオです。
とはいえ、難易度的にはさほど簡単でもなく、どちらかといえばやや難しい部類になります。惨劇RoopeR自体に関しては未経験でも楽しんでもらえるとは思いますが、論理パズルが苦手な人やボードゲームそのものが初心者という場合には、あまりオススメできないと思います。(まぁ、こういうケースの場合は惨劇RoopeRで遊ぶという選択にはならないと思いますが(^^;
未経験者(または経験数回の初心者)の方に相談可で遊んでもらうことを前提としているシナリオになります。

相談不可だと主人公同士の連携が難しくなり難易度が跳ね上がります。相談不可で遊ぶ場合は中級者以上のプレイヤーであることが望ましいです。
・シナリオの特徴
計4ループからなるシナリオなのですが、まず最初の3ループは惨劇RoopeRの核となる要素「情報収集」を経験してもらいます。これは「敗北した盤面がこうだから、ルールはこれに違いない」とか「前回はこれで負けたから、今度はこうしてみよう」といったようなプレイングによる情報収集を行ってもらうのがメインとなります。
脚本家は、最終ループに入る前には、ルールYとルールX、すべての役職、すべての事件の犯人が明らかになるように誘導しつつ主人公を敗北させていきます。(FirstStepには最後の戦いがないために、すべて明らかになっても脚本家は敗北しません)

そして、最終ループは出揃った情報を元に、脚本家との読みあい勝負をしてもらいます。すべての情報が出揃った状態で、主人公側には敗北条件を回避するようにプレイしてもらうことを狙いとしています。
・脚本家の勝利条件
キーパーソンの殺害 キラーの能力、殺人事件
フレンドの殺害 自殺、殺人事件
主人公の殺害 キラーの能力
・脚本家への指針
【1ループ目】
一番難易度が高い「キラーに暗躍4」を乗せて勝利することを目指します。
女子学生(キラー)に暗躍4を乗せればいいのですが、5日目の不安拡大の事件を発生させられれば暗躍1個乗るので、女子学生(キラー)に暗躍を3つ乗せることを目標とします。
1日目 アイドル:暗躍+1 入院患者:不安+1 女子学生:不安+1(ブラフなので他でも可)

不安拡大の事件を発生させるべく患者には毎ターン不安+1を置いていきます。主人公側の不安-1は合計3枚なので、基本的には毎ターン不安+1を置いていけば最終日には臨界に達するはずです。
ただし、今回、キャラクターにアイドルがいます。アイドルの能力で不安を除去される可能性があるので、アイドルに友好カウンターが溜まり始めるようならば、友好禁止を連打するなり、病院に移動させないようにするなり、素直にカードで暗躍4つめ置くなりすれば良いかと。

なお、アイドル、女子学生、入院患者の3枚に置くのは次ループの布石でもあるので、この3枚に置いておくことを推奨します。
2日目 女子学生:暗躍+1 入院患者:不安+1 アイドル:不安+1(ブラフなので他でも可)

前日に引き続き、入院患者に不安を乗せていきます。
そして、女子学生(本命)に暗躍+1を乗せます。
事件(自殺)の発生する日ですが、脚本家が不安を置かなければ犯人(巫女)が臨界に達することはないはずです。
3日目 女子学生:暗躍+2 入院患者:不安+1 アイドル:お嬢様と同じ位置になるように移動

ここらでバシっと暗躍2を起きます。お嬢様を移動させつつ、暗躍2を試みるのが大事なポイントです。
というのも、万が一暗躍2に対して暗躍禁止を張られてしまうと、脚本家が主人公を敗北させる道がぐっと狭まってしまうからです。(キーパーソンに暗躍2を乗せてキラーで殺す・・・しかないんじゃないかな?)
暗躍2が無効化されてしまった時の保険としてアイドル(キーパーソン)をお嬢様(ミスリーダー)に向けて移動させておきます。こうすることによって、お嬢様はミスリーダーなので自身に不安カウンターを乗せて、殺人事件を発生させてキーパーソンを殺害し、主人公を敗北させられるようになります。
無事に暗躍2が女子学生(キラー)に乗った場合は、ミスリーダーの能力を使用せずに「事件は発生しませんでした」として続けましょう。
4日目 女子学生:暗躍+1 入院患者:不安+1 アイドル:不安+1(ブラフなので他でも可)

女子学生に暗躍4つ目が乗ったら主人公を死亡させてループ終了させてしまいましょう。
とはいえ、主人公側も暗躍が3つ乗った女子学生は警戒しているでしょうから暗躍禁止を置いてくるはずです。最終日の事件の犯人がアイドルか入院患者か確定できないようにアイドルも臨界に達するように不安を置いていくと良いでしょう。
5日目 女子学生:暗躍+1 入院患者:不安+1 アイドル:不安+1(ブラフなので他でも可)

4日目と同じです。
予定通りだと、女子学生に暗躍3が乗っているはずなので、もはや止められない(はずの)不安拡大の事件を起こして暗躍4つめをキラーに乗せて、ターン終了時に主人公を殺害してループを終了させましょう。
【2ループ目】
2ループ目の方針は「1ターンキルを目指せ!」「1ターンキルができなければキラーでキーパーソンを殺せ」です。

1日目 アイドル:暗躍+2 女子学生:都市へ移動 入院患者:不安+1

1ターンキルを狙います!w
前ループと同じキャラクターにカードを置いているのと、筋書き通りだと前ループはキラーの暗躍4の能力で主人公が死亡して敗北しているはずなので、主人公はおそらく女子学生(キラー)に暗躍禁止を置いてくるはずです。
ま、1ターンキルの危険性を回避するためにアイドルを移動させてくる可能性もありますが、そうしたら次の日以降キラーで追いかけましょうw
2日目以降 さて、1ターンキルは成功しましたでしょうか?
いや、あなたが2日目のここを読んでいるということは、きっと成功していないのでしょうw(いや、もちろんそうとは限らないのですが、未来への手紙風に言ってみたかっただけですw)

ここからは刑事(クロマク)の能力を積極的に使って、キーパーソンやキラーに暗躍Cを乗せていくことを目指しましょう。
FirstStepの惨劇セットでは最後の戦いがないので役職の能力を出し惜しみする必要はありません。
また、保険要員のお嬢様(ミスリーダー)の3日目の殺人事件で巫女(フレンド)もしくはアイドル(キーパーソン)を殺害するのを狙うのも良いでしょう。
【3ループ目】
3ループ目は巫女の自殺を狙ってみましょう。
1日目 巫女:不安+1 お嬢様:移動上下 アイドル:暗躍+1

お嬢様が無事神社に到達して巫女と一緒になれたら、脚本家能力フェイズにお嬢様(ミスリーダー)の能力で巫女に不安を置きます。
2日目 巫女:不安+1 男子学生:移動左右(神社に来ないようにする) アイドル:暗躍+1

ここまで予定通りいけば巫女(フレンド)が自殺するので、このループは敗北条件を満たします。
うまく行かないようであれば、お嬢様(ミスリーダー)の3日目の殺人事件で巫女(フレンド)もしくはアイドル(キーパーソン)を殺害するのを狙いましょう。(これも外れると脚本家大ピンチになりますがw)
【4ループ目】
シナリオ通り進むとここまでですべての事件の犯人と各キャラクターの役職が明らかになっているはずです。
そのため、最後の4ループ目は「脚本家vs主人公の読み合い勝負」となります。

あとはがんばってくださいw

コメント(4)

bb 返信

本日ゲーム会でこのシナリオができました。1ループの3日目「暗躍+2」を「暗躍禁止」されて、アイドルとお嬢様を「移動禁止」で脚本家側がキーパーソンとフレンドを倒せず、シナリオ成功となりました。主人公側は謎が解明できていないのできょとんとする結果に。脚本家のレベルアップが必要ですね。(難しいー笑)

じーちゃん 返信

>1ループの3日目「暗躍+2」を「暗躍禁止」されて、アイドルとお嬢様を「移動禁止」
女子学生(キラー)に暗躍禁止はわかりますが、なぜ主人公側はアイドルとお嬢様に移動禁止を置いたのか??w
特にアイドルなんて不安+1が2回置かれているはずだから、移動要素まったくないはずなのに(^^;

そうなったら、4ターン目、女子学生(キラー)に暗躍+1、入院患者(5日目の事件の犯人)に不安+1、アイドル(キーパーソン)に不安+1を置いて「今までと変わりない」風を装って、5日目に女性学生(キラー)をキーパーソンへ移動、アイドル(キーパーソン)に暗躍+1、入院患者に不安+1、とかですかねぇ。
で、不安拡大の事件の暗躍を置く効果でキーパーソンに2つめの暗躍を置いてキラーの能力で殺すしかないと思うんですが・・・まぁ、5日目はもうキラーへの暗躍4乗せは間に合わないので、キラーに暗躍禁止を置く必要がないので・・・主人公側はキラーに移動禁止を置くなり、キーパーソンに移動を置くなりで阻まれる可能性大w

まぁ、正直、3日目にその手をやられたらちょっとツラいですねー

匿名 返信

「暗躍+2」をセットした後に主人公側が誤ってカードの内容を見てしまいました。そして「暗躍禁止」が置かれていました。こうやって書くと笑えませんね。3日目アイドルの移動で横移動をおいたところ、主人公側は縦移動をかけて斜め移動(神社)になってしまいました。その後は、アイドルと女子学生のどちらかがキーパーソンだということで4日目5日目のアイドル移動は「移動禁止」となりました。考えてセットしないとダメですね。

じーちゃん 返信

>「暗躍+2」をセットした後に主人公側が誤ってカードの内容を見てしまいました。
ああ。過去に1,2度経験したことがあります。
そうした場合は見てしまった主人公プレイヤーは相談可ならそのターン中は何も喋らないでもらって、さらにその主人公プレイヤーに関しては見てしまったカードが置かれている対象へのカードセットも禁止・・・とかするのが妥当なところですかねぇ。

まぁ、思わず誤って見てしまったものはしょうがないんですが、そこはあえて見なかったことにしてゲームをしてもらわないと、それは破綻しちゃいますね。

コメントする