G-chan Square

じーちゃん/へたっぴの綴る、日々のつれづれとか。
twitterのまとめとゲームネタが中心。2015年からロードバイク/ミニベロ始めました。

2016年のゲームを振り返る

じーちゃんです。

早いもので今年も残すところあとわずか。

ということで、毎年恒例の「今年遊んだゲームを振り返る」をやってみたいと思います。
ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

ハード:PSVita プレイ状態:未クリア

じーちゃん、Minecraftとか遊んだことないんですが、そのMinecraftとドラクエの素材を融合させてできたってのが、これ、クラフト系ドラクエの「ドラクエビルダーズ」

なんと言っても、ドラクエなのにいくら敵を倒しても経験値入らないしレベルも上がらない。クラフト系なので、強くなるには素材集めて装備を強くするのみ、という斬新仕様w

あと、装備以外にもいろんな道具や部屋、家なんかを建てられたりして、クラフト系としてはとても良くできてたんじゃないかと思います。
さらには、地形も全部ブロックでできているんで、つるはしでがっつんがっつん壊し放題w

途中で大砲とか手に入るんですが、その大砲で山を切り崩したりとかできちゃいます。面白い♪

ただ、カメラワークが悪かった。あと、細かい操作がしづらかった。
さらには、地図なんかの機能も貧弱だったんで、自分がどこにいるのかよくわからないことに。
あと、剣系の武器の射程というか届く範囲が微妙に短くて、モンスターにかなり接近しないと当たらなかったりとかが、地味にイライラしてきます。

で、最初は楽しいんですが、その内だんだんと面倒くさくなって、結局途中で放置。

じーちゃん的点数 8/10点
三國志13

ハード:PC プレイ状態:未クリア

さて、発売前はすごく楽しみにしていた三國志13なのですが……発売後実際に遊んでみると……これはなんかツマンナイ

なんだろうなー。
今回は選択した一人の武将の生涯を遊ぶという内容なんですが……なんというか地味すぎる。

しかも、ウリであるところの絆システムもイマイチいい風に機能しているとは思えない。

というわけで、前回の三國志12に引き続いて今回も三國志はハズレでしたよ……とほほ。

じーちゃん的点数 5/10点
真・女神転生IV Final

ハード:3DS プレイ状態:クリア

前作「真・女神転生IV」の続き。
前作主人公はフリンと言う名のNPCになって英雄扱いとなっております。
で、その前作主人公は東のミカド国出身ってことでスタート地点はそこで、お話が進むにつれて地下坑道(っぽいところ)を下りてドームに覆われた東京に到達するわけですが……一方、今回の主人公は最初から東京スタートです。

で、今回も天使勢代表としてヨナタンと悪魔側代表としてワルターも出てくるんですが、今回はなんとクリシュナとオーディンといった多神教の神々が手を組んで「多神連合」というのを組んで対向してくるというお話。

メガテンシリーズとしても出来が良く、遊びやすくて良作でしたなあ。

お話としても、まあまあでした。
まあ、前作のメルカバーとルシファーが完全に噛ませ犬に成り下がっているんで、この辺で好き嫌いはありそうですが、じーちゃんは気になりませんでした。

大変良かった良作。

じーちゃん的点数 9/10点
俺に働けって言われても酉

ハード:PSVita プレイ状態:未クリア

これもじーちゃんが待ちに待った作品。
じーちゃんは、基本的に指示を与えてあと放置して見守る系のゲームが好きなんですが、これもそういう内容です。
主人公はニートなので家賃を支払うべく家から冒険者の仲介業者として仕事をして、冒険者を各ダンジョンに派遣することによって収入を得る……みたいなゲーム。

で、前作が好きだったんで今作も楽しみにしていたんですが……うーん、ちょっとゲームバランスが微妙な感じ……

特に引っ越しシステムが今回の大きなウリの一つかと思うんですが、引っ越すと支払わないとならない家賃額がとんでもないことになるので事実上引っ越せない。
でも、引っ越さないと冒険者の派遣先ダンジョンがどんどん遠くなって交通費がどんどん高くなる!

……でも、やっぱり高い交通費を払う方が家賃が高くなるよりマシ……っていう、なんかせっかくの引っ越しシステムが有効ではない感じが残念。

前作と違って、毎回細かく冒険者の所持アイテムをチェックしたりしなくてもよくなったのは大きな進歩だと思うんだけど、前作好きだった町の施設の配置様子もなくなっちゃったんで……結果的には、まあぼちぼちの作品だったなあ、という印象。

で、途中で飽きてしまいましたw

じーちゃん的点数 8/10点
逆転裁判6

ハード:3DS プレイ状態:クリア

久しぶりの逆転裁判シリーズ。
前作までは4からのキャラ、オドロキくんが主人公だったんですが、今回久しぶりに成歩道が主人公ってことで期待していました。

で、今作なのですが……クライン王国とかいう霊媒の国が出てきたり、新要素が託宣という「死者が死ぬ寸前の映像」を元に推理するものだったりと、全体的にオカルト要素が大きいので、世間的に評価は二分しているようです。
が、じーちゃん的にはよかったですなあ。

全5話構成なんですが、3話と5話はこうした霊媒要素がお話に密接に絡んでて、しかも感動的に仕上がってて、ストーリーが本当によくできてました。

そして、レイファ様がかわいい!w

久しぶりに「逆転裁判遊んだわー」と満足できる作品でした。

じーちゃん的点数 9/10点
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

ハード:PSVita プレイ状態:クリア

日本一ソフトウェアの初のダンジョンRPG……らしいw

最初はそんなに興味なかったんですが、ちょうどゲームが空いたんで買ってみた作品。

結構、遊びやすく作ってあるのが好印象。
ただ、他のゲームではあまり見ない新要素(カヴンとか)も結構取り入れていて、その意欲は買うところですが、それ面白い? ってなると微妙な気がしますなw

特に、魔法がキャラに依存しなくて陣形書に依存するってのが、イマイチなじめませんでした。

あと、戦闘の速度が遅い!
最新のパッチで解消されたらしいんですが、じーちゃん、そのパッチが出る前にはクリアしてしまっていたんで、どのくらい早くなったのかわからないんですが、あのかったるい戦闘がキビキビ進むようになったんなら評価は上がりますなー

で、じーちゃん的には、このルフランといえばルカちゃんですな! 幼女キャラ、超かわいい!

特に、ルカちゃんの歌のかわいさはもう筆舌に尽くし難い! 娘のいるお父さんの気持ちってこんななのかな? って思っちゃうくらい可愛いですわい。

あと、エンディングがなかなか良かった。じーちゃん好みのビターエンドなんですが、いい感じのビターっぷりです。

何年かしたら、内容綺麗さっぱり忘れると思うんで、そしたらもう一度遊んでみたいと思える作品ですな。

じーちゃん的点数 8/10点
カルドセプト リボルト

ハード:3DS プレイ状態:未クリア

久しぶりにカルドセプトの新作が発売されるってことで、懐かしさのあまり購入して遊んだんですが……いや、まあ、振れるダイスが2つになって進むマスの数がある程度平均的にかつ従来よりも多めになって遊びやすくはなってると思うんですよ。

ただ……なんかやっぱり運の要素に大きく左右されて勝敗が決まるゲームはツラいな、と(^^;<サイコロ運とかどうにもならないじゃん

てなわけで、別にカルドセプトとして出来は悪くなかったと思うんですが、そもそものカルドセプトに対してモチベーションが下がってしまったので、そこで終了。

じーちゃん的点数 7/10点
XCOM2

ハード:PC プレイ状態:未クリア

XCOMはエイリアンの侵略から地球を守るお話だったんですが、XCOM2はそのエイリアンが地球を制圧してしまって、いつの間にか人間社会に混じって世界に大きな影響を与えつつ暗躍しているって世界からレジスタンスとしてエイリアンと戦うというお話。

シミュレーションRPGなんですが、前作より面白いです。

ただ、難しい。ホント難しい。
基本的に「やられる前にやれ」というゲーム性で、ダメージを負うとその治療のために数回戦闘に出られなくなるんで「ノーダメージでミッションの勝利条件を満たす」のが基本になるんですが、相手は理不尽なほど強くて数も多いんで、しんどいというw

そして、かなり遠くからでも検知されてしまうことが多く、ステルス性が重要なゲームの割に見つかるときにはなんか納得いかない感が強くて……最後のエイリアンの本拠地に乗り込むぞーってところで、諦めてしまいましたw

ただ、基本的には面白い。もうちょっと、見つかる判定なんとかして欲しかった、という感じ。

じーちゃん的点数 8/10点
討鬼伝2

ハード:PSVita プレイ状態:クリア

いわゆる「コーエーテクモのモンハン」ですな。

いままでの討鬼伝と討鬼伝・極も一応遊んでいるし、今回から「鬼の手」とかいう新アクションが使えるらしいんで、ということでお買い上げ。

で、今回のウリは「オープンフィールド」らしいんですが……頑張ったのは認めるけど、これオープンフィールドにする必要あったのかな? とw

結構、移動がかったるいし、あまり良い要素にはなってないんじゃないかなあ。
ミッションとかでもこの広いフィールドのどこかに隠されたアイテムやキャラクターを探し出せ系のがあって面倒くさいことこの上なし。

ただ、新アクションの鬼の手を駆使してのボス戦は面白く仕上がってます。この点は2になって評価できるところですな。
一応、ストーリーモードをエンディングまではやりましたが、かったるいんでそこで終了w

ま、ほどほどに面白かったです。
そしてやっぱり思うこととしては、オープンフィールドは面倒くさいw

じーちゃん的点数 8/10点
アイドルマスター プラチナスターズ

ハード:PS4 プレイ状態:クリア?

PS4でのプロモーション動画クオリティに騙されて……あと、前作のアイドルマスター ワンフォーオールが非常に遊びやすくて楽しかったんでそれと似たものを期待して購入したんですが……こいつはとんだ駄作でした。

まず、アイマスものなのにアイドルとのかけあい(コミュ)が異常に少ない。
これだけで、魅力半減。

あとは、淡々とひたすら繰り返す音ゲーの作業感に挫折w
一応、推しキャラのあずささんだけエクストリームライブ終わらせたけど、それで終了。

じーちゃん的点数 5/10点
世界樹の迷宮V

ハード:3DS プレイ状態:未クリア

プラチナスターズがクソゲーだったんで、ちょっと興味のあった世界樹の迷宮Vを購入。

序盤は楽しかったんですが……世界樹の迷宮はストーリー性が弱いんで、途中で飽きて挫折しちゃいましたw

やっぱり、RPGにはお話は重要だなあ、と再確認した作品。

じーちゃん的点数 7/10点
ペルソナ5

ハード:PS4 プレイ状態:クリア

さて、今年最大の期待作品。ペルソナ5!
しかも、シルバーウィーク前に発売されるってことで、じーちゃん、シルバーウィーク中に120時間使って一気にクリアしました!

久しぶりの「本気でゲームします」モードw 一日に14時間以上ゲームするなんて、本当に久しぶりですわい。

そして、ペルソナ5は期待に違わず素晴らしい出来でした!

まあ、ダンジョンのギミックがウザいとかちょっとなくもないんですが、そんなの些細なこと!
圧倒的なボリュームに、キャラのかけ合いも十分以上、お話もいいし、戦闘も面白い。

あと今作から、シャドウがメガテンシリーズの悪魔になったんですが、これも良い。

ちょっとボリューミーなんで忙しい人にはお勧めしづらいんですが、基本的にRPGが好きな人になら万人にお勧めできますなー。

本当に素晴らしいゲームでした。

じーちゃん的点数 10/10点
Civilization VI

ハード:PC プレイ状態:-

さて、今年はペルソナ5とコレ!というくらい楽しみにしているゲームです。

でも、ほとんどの場合において「Civのバニラ(拡張パッケージなしの状態)には手を出すな」と言われるくらいリリース当初は出来がよろしくないことが多いのも事実。

果たして今回はどうかー?!

……と思ってたらやっぱりちょっとビミョーな感じですなw

特にUIがイマイチ。ユニット一覧とか最初どこから表示するのかわからなかったし、タイトル画面からシヴィロペディアにアクセスできないし、新しい要素が増えたり、変更になったりした割にはどこがどう変わったりどうなってるのかがとにかくわかりづらい、という印象。

まあ、今後のパッチやバージョンアップで徐々に良くなっていくんでしょうが「Civのバニラには手を出すな」は今回もその通りだったなとw

でも、やっぱりCivなんで、基本的は面白いですな。

もうちょっと細かいところ頑張って欲しい感じ。

あと、Steamでのworkshopの適用がされると、あとは勝手にユーザがmodを作ってくれて遊びやすくなっていくと思うんで、workshop待ちですな。

じーちゃん的点数 8/10点
フィリスのアトリエ

ハード:PSVita プレイ状態:未クリア

前作「ソフィーのアトリエ」がじーちゃんの2015年のベスト ゲーム オブ ザ イヤーだったので、その続編ってことで大いに期待した作品……だったんですが、蓋を開けてみたらがっかりさんでした。

まず、ゲームの内容がどうこういう前によく不正終了します。バグ落ち多し。
さらには、一番最初の待ちで処理落ちして動きがもっさり。

で、じーちゃんがソフィーのアトリエで一番評価していた点が「時間の概念が希薄であること」で、ゲーム内時間による制限なんかがほとんどなく採取や調合の時に時間を気にする必要がなくなったってのを大いに評価していたんですが……今回のフィリスのアトリエはゲーム始まっていきなり360日以内に試験に合格しないとならないという。

これだけなら、一番の最初のザールブルグのアトリエシリーズも似たようなもんなんですが、今作フィリスのアトリエでは試験会場まで旅をしなくてはならず、それにどのくらいの日数がかかるかわからないので締め切りまでの見通しも立たないという、嫌な感じの時間制限がついてたりして気分が萎えました。

あと、フィリスがややぽっちゃり気味でイマイチ萌えない子っていう、じーちゃんの嗜好のせいもありますw

ま、でも、やっぱりゲームがしょっちゅう落ちるのは致命的かな?

じーちゃん的点数 6/10点
サガ スカーレット グレイス

ハード:PSVita プレイ状態:未クリア

さて、数年ぶりにサガシリーズの新作が発売されるってことで買ってみたんだけど……コレジャナイ感しか感じない(^^;

でも、amazonでは評価高いですなあ。

とにかくストーリー面やそれに絡む演出はばっさり切り捨てて、戦闘の面白さの追求に特化したという印象。
敵は戦う前にEASY、NORMAL、HARDと強さの目安が表示されるんですが、HARDはホントキツいのが多いですわい。

で、このゲーム、レベルアップというのがなく、戦闘をこなして強くなるのはHPだけなんで、こうした強敵にぶち当たって勝てなかったときに、しんどいです。

てか、場所によっては何度も戦える敵がいない場所もあるので、そうなったら7割くらい「詰み」ですなw
こうなると修行でHPを上げることすらできないので、あとは陣形替えたり、メンバー替えたり、「今回は運のいい展開になりますように!」と祈るしかないというw

まだ、売ってはいないですが、早々に投げると思いますw

じーちゃん的点数 7/10点

さて、こんな感じかな?

実を言うと、ポケモンの新作ポケットモンスター サン・ムーンのうちのムーンも買ってみたりしたんだけど、じーちゃんはポケモン世代ではないんで懐かし補正もなく、なんか単に古くさいシステムのRPGって感じしかしなかったんで数時間遊んで売っちゃいましたw

あとは、Steamで山のように積みゲーを買っていて、たまにつまみ食い的に消化したりしているんですが、そういうのは含んでいませんな。
Stellarisとか軽く触ってみたんですが、イマイチよくわからん……


で、今年の一押しですが……そりゃペルソナ5一拓でしょうw
これほど素晴らしいゲームは数年に一度巡り会えるかどうかっていうレベルですなー

それから、次点なんですが……うーん、真・女神転生Finalか逆転裁判6のどっちかなんですが……やっぱりボリューム的に真・女神転生Finalですかねえ。

なんか、今年はアトラス推しの一年になっちゃいましたなw


2016年 ペルソナ5 (次点 真・女神転生IV Final)
2015年 ソフィーのアトリエ (次点 Cities Skylines)
2014年 ペルソナQ (次点 アイドルマスター ワンフォーオール)
2013年 真・女神転生IV (次点 ダンガンロンパ 1・2Reload)
2012年 無双OROCHI 2 (次点 ファイアーエムブレム 覚醒)
2011年 真・三國無双6 (次点 メルルのアトリエ)
2010年 モンスターハンターポータブル3 (次点 戦場のヴァルキュリア2)
2009年 無双OROCHI Z
2008年 モンスターハンターポータブル2G (次点 ペルソナ4)
2007年 モンスターハンターポータブル2
2006年 ペルソナ3


で、来年のゲームなんですが……まず、ハードウェア的に任天堂の新ハード「SWITCH」が気になりますな。PlayStationVRよりもずっと気になります。

3月頃発売らしいんですが、ローンチに何をぶつけてくるか次第ですね。来年1月に発表があるらしいんで楽しみですなあ。
じーちゃん、新ハードはローンチタイトルで買う買わないを決めるんですが、今回はすぐ買わないとしばらく手に入らなそうだから買っちゃってもいいかも?

あと、3月といえば、モンハンのダブルクロスが発売されますね。
今、モンハンクロスも軽く遊んでいるんですが、やはりモンハンは面白いですワイ。

てか、モンハンクロスだけでも今までのモンハンの集大成感を大いに感じるので、ダブルクロスにも期待かな? とはいえ、ヌルゲーマーのじーちゃんには上位以上はしんどすぎて放置対象ですけど(^^;

あとは……一応、三國志13のパワーアップキットも発売されるんですが……ま、これはほとんど期待薄ですな。信者なのでお布施として買いはしますがw

それから、1月発売の「蒼き革命のヴァルキュリア」 ヴァルキュリアシリーズ好きなんですが……PlayStation Storeで現在配信中の体験版の評価がよろしくないのが気になるところ。ちょっと様子見かな?


そんな感じで! 来年も良いゲームとの出会いがあるといいなー

コメントする